妊娠線

MENU

妊娠線を予防なら妊娠線クリームがオススメ!

女性にとって最大のイベントである妊娠・出産の際にお腹に出来てしまう妊娠線。
wikipediaには

一度できてしまうと、出産後も完全には元に戻らないが、時間の経過とともに目立たなくなる。(wikipediaより抜粋)

と書かれています。

 

妊娠線はケアをしなければまず消えることはありませんし、目立たなくなるまでには相当な時間がかかるのが現実です。

 

しかし、妊娠線は事前にしっかりとケアしておくことで予防する事が可能です!

 

その方法とは、妊娠線クリームを使うこと。

 

妊娠線クリームを産前・産後に使用しておくことによって、肌に亀裂が入るのを予防し妊娠線が出るのを防ぎます。

 

妊娠線クリームを使うのと使わないのでは出産後の状態が大きく変わるので、今の内からしっかりとケアしておきましょう!

みんなが使っている妊娠線クリームはコレ!妊娠線クリームランキング!

ベルタ妊娠線クリームの特徴

ベルタ酵素という酵素ドリンクで有名なベルタが開発した妊娠線クリーム。
”こんなになるとは思わなかった・・・”
”一度で来た妊娠線は本当に消えない・・・”
”出産しても堂々とビキニを着たい・・・”
などの悩みを解決するのに役立ちます。
ベルタ妊娠線クリームをオススメする理由は妊娠・出産した人の気持ちを一番理解して作られているクリームだから。
このベルタ妊娠線クリームを開発したのは出産経験のあるベルタのスタッフ。
既にママとなり、妊娠線で悩んだその時の悩みを全て解決するようにこのベルタ妊娠線クリームは作られています。
新しい妊娠線クリームということで知名度はそこまで高くはないですが、含まれている成分は他の製品よりも優れています!
ベルタ妊娠線クリームでしっかりと妊娠線予防をしませんか?

価格 単品購入:6980円(税込・送料無料)

5本セット購入:29900円(税込・送料無料)⇒1本当たり5980円!
定期購入:4980円(税込・送料無料)⇒一番お得で1番人気!!

評価 評価5
備考 ベルタ妊娠線クリームの購入者の9割が定期購入を選択しています!

出産経験者スタッフによる電話サポートも人気!

ストレッチマーククリームの特徴

葉酸サプリで有名なAFCから販売されているストレッチマーククリーム。
女性100人の声をもとに作られており、使った方の満足度はなんと95%!
価格が2800円とベルタ妊娠線クリームよりも安いのが特徴です。
ベルタ妊娠線クリームと比較すると、ストレッチマーククリームには必要最低限のものが含まれていると言えるでしょう。
妊娠線のケアが出来れば良いという方はこちらのクリームを。より上のケアをするならベルタ妊娠線クリームがオススメです。

価格 単品購入:3024円(税込・送料無料)

3本セット購入:8100円(税込・送料無料)⇒1本当たり2700円!

評価 評価5
備考

ベルタ葉酸サプリの特徴

妊娠クリームを使いはじめる時期と同じ時期から使っておきたいのが葉酸サプリ。
葉酸は妊娠中の母体に良い影響を与えることがわかり、最近注目されてきた成分です!
葉酸を摂取するのとしないのでは、お腹の赤ちゃんが”二分脊椎症”や”無脳症”にかかるリスクを下げる効果があるとされ、2000年に厚生労働省が妊娠を計画している女性に対して1日400マイクログラム以上の摂取を推奨しています。
そんな葉酸が簡単に摂取できるのが葉酸サプリですが、中でもオススメなのがベルタ葉酸サプリ。
このベルタ葉酸サプリは1日4粒で、厚生労働省推奨の400マイクログラムが摂取できます。
中には「サプリを飲むのが苦手・・・」という方もいらっしゃるかと思います。ベルタ葉酸サプリは1錠あたりの大きさが1cm以下なので大変飲みやすくなっています。
他の葉酸サプリ商品だと2cmぐらいあるものもあるので、それと比べるとかなり飲みやすいです。
少しでもお腹の中の赤ちゃんへのリスクを下げる為にも葉酸サプリも合わせて飲んでみませんか?

価格 単品購入:5980円

6個セット:27200円⇒1個当たり4500円!
夫婦で定期コース:5980円⇒1.5か月分入って単品購入と同じお値段!
定期コース:3980円⇒3000円お得!一番人気!

備考 葉酸だけでなく、ツバメの巣・ヒアルロン酸・プラセンタといった高品質な美容成分が入っているのが特徴。

ほとんどの方が赤ちゃんが生まれるまで葉酸サプリを飲み続けるため、定期コースを選択するようです。

妊娠線クリームは妊娠初期から使うのが一番効果的!

妊娠線クリームを使うタイミングとして一番最適なタイミングはいつなの?と思われる方もいらっしゃるかと思います。
実際、クリームを塗るタイミングというのは非常に重要で、タイミング次第では手遅れになってしまう方もいます。

 

妊娠線クリームを使うタイミングとして一番最適なタイミングは、妊娠初期
大体妊娠4か月ぐらいからお腹が急に丸くなり、皮膚が引き延ばされるため、妊娠線が出来る傾向にあります。
お腹が丸くなり始めた頃からクリームを塗ることで、皮膚が引き伸ばされても肌に亀裂ができにくく、妊娠線を予防することが出来ます。

 

「もう、妊娠中期・後期なんだけどクリームは使えないの?」と思う方もいらっしゃるかと思います。
ご安心ください。妊娠中期・後期からでも妊娠線が消えるまでの期間を短くするのに役立ちます。

 

たとえ、妊娠後期でもクリームを使うのと使わないのでは大きく差が出てしまうので、早めにケアしておきましょう!

かゆみは妊娠線が出来る前兆!

妊娠4か月あたりからお腹が丸くなり始めますが、ある日突然お腹がかゆくなります。

 

それは妊娠線が出来る前兆です!

 

このかゆみはお腹が出て、皮膚が引っ張られる時に皮下組織などが断裂するので起きるものです。

 

他にも”気持ち悪い・・・”、”いつも眠い・・・”、”つい感情的になってしまう・・・”、”これからのことが不安・・・”など心にも大きな変化が訪れます。

 

これも妊娠線が出来る前兆です!

 

これらの前兆が出る前に妊娠線クリームを用意しておくのが良いですが、妊娠線クリームが無ければまずは化粧水などでお腹を保湿し、すぐに妊娠線クリームを用意しましょう!

 

妊娠線クリームは早めに用意しておくと安心です!

妊娠線クリームが使えるのはお腹だけじゃない!

妊娠線クリームが使えるのはお腹だけだと思っている人が多いですが、実はお腹以外にも使える部分があります。
というよりも、妊娠線が出来るのはお腹だけではないんです。

 

1つは、バスト。
妊娠すると、赤ちゃんに母乳を与える為、乳腺の発達が活発になります。
すると、胸が張ってきて妊娠線が出来ることがあります。

 

人によって出来る人とできない人がいますが、万が一出来てしまった場合でも妊娠線クリームを持っていれば安心です。

 

2つ目は太もも。
妊娠すると太ももは皮下脂肪が付きやすくなります。
皮下脂肪が増えてくると皮が伸びて妊娠線が出来てしまいます。

 

これもバスト同様、人によって出来る人とそうでない人がいますが、妊娠線クリームを持っていれば安心です。

 

最後はおしり。
おしりは元々脂肪がつきやすい部分なので、かなり注意が必要です。
また、自分から見えにくい場所でもあるため、気づかないうちに妊娠線が出来ていた・・・なんてことが良くあります。

 

一度で来た妊娠線を消すことはそう容易ではないので、定期的にチェックをして、異変を感じたらすぐに妊娠線クリームでケアするのがオススメです!

妊娠線予防にはクリームタイプが最適!

妊娠線予防の商品にはローションタイプ・オイルタイプ・クリームタイプがあります。

 

それぞれ、タイプごとに特徴が違います。
ローションタイプは水分が多く、油分が少ないのが特徴です。
油分が少ないため、水分が逃げない様にカバーしてあげるのが必要になります。

 

オイルタイプは油分が多く、水分が少ないのが特徴です。
油分が多いので保湿には向いているものの、水分が少ないため、別で水分を与えてあげる必要があります。

 

クリームタイプはローションタイプとオイルタイプの間を取ったようなバランスの良さが特徴です。
水分も油分も両方含んでいるため、別途ケアする必要がありません。
また、ローションタイプやオイルタイプの様なベトつき感が少ないです。

 

ローションタイプやオイルタイプだと別途ケアする必要があるので、面倒くさくて続かない事もあります。
それに比べてクリームタイプはクリームだけで完結するので続けやすいです。

 

妊娠線予防にはクリームタイプを選択するようにしましょう。