妊娠線

MENU

まずは妊娠線について知ることが大事!

女性にとって最大のイベントである妊娠・出産の際にお腹に出来てしまう妊娠線。
wikipediaには

一度できてしまうと、出産後も完全には元に戻らないが、時間の経過とともに目立たなくなる。(wikipediaより抜粋)

と書かれています。

 

妊娠線はきちんと正しいケアをしなければまず消えることはありませんし、目立たなくなるまでには相当な時間がかかるのが現実です。
しかし、妊娠線は事前にしっかりとケアしておくことで予防する事が可能です!

 

妊娠線クリームの効果的な使用タイミング

妊娠線クリームを使うタイミングとして一番最適なタイミングは、妊娠初期

妊娠線クリームを使うタイミングとして一番最適なタイミングはいつなの?と思われる方もいらっしゃるかと思います。
実際、クリームを塗るタイミングというのは非常に重要で、タイミング次第では手遅れになってしまう方もいます。

 

大体妊娠4か月ぐらいからお腹が急に丸くなり、皮膚が引き延ばされるため、妊娠線が出来る傾向にあります。
お腹が丸くなり始めた頃からクリームを塗ることで、皮膚が引き伸ばされても肌に亀裂ができにくく、妊娠線を予防することが出来ます。

 

「もう妊娠線が出来ちゃった・・・」という方でも諦めちゃダメ!

「もう、妊娠線が出来ちゃったんだけど・・・手遅れ?」と思う方もいらっしゃるかと思います。
もしそうだったとしても諦める必要はありません。
妊娠線クリームをしっかりと使い続けることによって、限りなく目立たなくすることは可能です。
また、妊娠線が目立たなくなるまでの期間を短くするのにも役立ちます。
既に妊娠線が出来てしまった方は一刻も早く妊娠線クリームでケアしましょう!

 

まとめ

  • 妊娠線クリームを使う一番最適なタイミングは、妊娠初期
  • 妊娠線が出来てしまっても、クリームを使うのと使わないのでは大きく差が出てしまうので、今すぐケアすること!

あなたのお腹はかゆみが出ていませんか?

かゆみは妊娠線が出来るサイン

妊娠4か月あたりからお腹が丸くなり始めますが、ある日突然お腹がかゆくなります。

 

それは妊娠線が出来るサインです!

 

このかゆみはお腹が出て、皮膚が引っ張られる時に皮下組織などが断裂するため起こります。
このかゆみをそのまま放っておくといつの間にか妊娠線が出来ていてビックリすることになります。

 

妊娠線が出来るサインは他にも

妊娠線が出来るサインは他にもあります。
”気持ち悪い・・・”、”いつも眠い・・・”、”つい感情的になってしまう・・・”、”これからのことが不安・・・”など心の大きな変化の訪れがそれにあたります。

 

人によって妊娠線が出来る人と出来ない人がいる

妊娠線は必ず誰にでも出来るというわけではありません。
出来る人がいれば出来ない人もいます。
その特徴として一般的なのが、乾燥肌の人には出来やすく、しっとり肌の人にはできにくいという点です。

 

ただ、自分が乾燥肌じゃないからと言って100%妊娠線が出来ないという保証はありませんので、いざという時の為に妊娠線クリームを用意しておくと良いでしょう。

 

まとめ

  • かゆみは妊娠線が出来るサイン!
  • 心の大きな変化も妊娠線が出来るサイン!
  • 大事なのはサインが出る前に妊娠線クリームを用意すること

これらの前兆が出る前に妊娠線クリームを用意しておくのが良いですが、サインが出たときに妊娠線クリームが無ければまずは化粧水などでお腹を保湿し、すぐに妊娠線クリームを用意しましょう!

妊娠線クリームが使えるのはお腹だけじゃない!

妊娠線クリームが使えるのはおなかだけだと思っている人が多いですが、実はおなか以外にも使える部分があります。
というよりも、妊娠線が出来るのはおなかだけではないんです。

 

おなか以外で妊娠線クリームが使える場所

バスト

妊娠すると、赤ちゃんに母乳を与える為、乳腺の発達が活発になります。
すると、胸が張ってきて妊娠線が出来ることがあります。

 

人によって出来る人とできない人がいますが、万が一出来てしまった場合でも妊娠線クリームを持っていれば安心です。

 

太もも

妊娠すると太ももは皮下脂肪が付きやすくなります。
皮下脂肪が増えてくると皮が伸びて妊娠線が出来てしまいます。

 

これもバスト同様、人によって出来る人とそうでない人がいますが、妊娠線クリームを持っていれば安心です。

 

おしり

おしりは元々脂肪がつきやすい部分なので、かなり注意が必要です。
また、自分から見えにくい場所でもあるため、気づかないうちに妊娠線が出来ていた・・・なんてことが良くあります。

 

まとめ

  • 妊娠線はおなか以外にも出来るので、定期的にチェックすること!

一度出来た妊娠線を消すことはそう容易ではないので、定期的にチェックをして、異変を感じたらすぐに妊娠線クリームでケアするのがオススメです!

妊娠線予防にはクリームタイプが最適!

妊娠線予防の商品にはローションタイプ・オイルタイプ・クリームタイプがあります。

 

それぞれ、タイプごとに特徴が違います。
その特徴をご紹介します。

 

タイプごとの特徴

ローションタイプ

ローションタイプは水分が多く、油分が少ないのが特徴です。
油分が少ないため、水分が逃げない様にカバーしてあげるのが必要になります。

オイルタイプ

オイルタイプは油分が多く、水分が少ないのが特徴です。
油分が多いので保湿には向いているものの、水分が少ないため、別で水分を与えてあげる必要があります。

クリームタイプ

クリームタイプはローションタイプとオイルタイプの間を取ったようなバランスの良さが特徴です。
水分も油分も両方含んでいるため、別途ケアする必要がありません。
また、ローションタイプやオイルタイプの様なベトつき感が少ないです。

 

ローションタイプやオイルタイプだと別途ケアする必要があるので、面倒くさくて続かない事もあります。
それに比べてクリームタイプはクリームだけで完結するので続けやすいです。

特徴一覧はこちら

妊娠線

まとめ

  • 妊娠線予防にオススメなのは水分・油分ともにバランスの取れたクリームタイプ

妊娠線クリームの賢い買い方

妊娠線クリームは比べて買うのがオススメ!

妊娠線クリーム選びに失敗しないコツは、いくつかの商品を比べること。
いくつかの商品と言っても、実は世の中に出ているクリームの中で妊娠線に対応しているものは、ほんの一握りしかありません。
そのため、ドラッグストアやネット上で探そうとしてもなかなか見つからないのが現実です。
少しでも妊娠線クリーム選びを楽にするために当サイトではランキングを作成しました。
妊娠線クリーム選びにお役立てください。

 

当サイト独自の妊娠線クリームランキングはこちら

当サイトのランキングは新商品が発売されるたびに更新しています。
常に最新の情報となっているので、安心してご利用いただけます。

 

▼妊娠線クリームランキングはこちら▼

妊娠線